カテゴリ:6年生

おもしろ理科教室

松山市の「おもしろ理科出前教室」事業で、講師の増田先生と吉岡先生に来校していただき、6年生が特別授業を受けました。
テーマは「地面の下はどうなっているのか」です。

「建物やトンネルを作る前に地盤や地質を調べるには、どのような方法があるだろう?」
この問いかけから、地層やボーリング調査についての専門的なお話が始まりました。


目の前には3種類の砂らしき物。
水を全く含んでいない状態の 礫・砂・粘土 です。
目で見て、指で触れて、状態の違いを確かめます。


次に、それらに水を含ませた物を観察します。
それぞれの崩れ方や固まり方の違いに「おぉ~!」と歓声が上がります。


最後に、礫・砂・粘土が混ざった物を、水を入れたメスシリンダーに堆積させて、地質ができていく様子を観察しました。


他にも、斜面に土砂が堆積していく様子や、実際に調査で使われているドローン、また、久枝小学校が建つ前の地盤調査を元に作られた地下の様子なども見せていただきました。

講師の先生方、子どもたちのために興味深いお話をしていただき、ありがとうございました。

海外支援物資贈呈 6年生

6年生は、海外支援物資贈呈式を行いました。
 
6月のなかよし参観日では喜安勝也先生に「幸せになるために誰もが生まれてきた」と題してお話をしていただきました。
その講演に心を動かされた6年生の有志の子どもたちが、今回自主的に呼びかけ、外国で文房具などを必要としている子どもたちのために「支援物資」を集めました。
自分たちの文房具などの中から、新品だけれども分けて差し上げられる物を持ち寄りました。
 
発案、呼びかけ、梱包(とても素敵な手作りの飾りつきの箱です)、さらには喜安先生への連絡、贈呈式の準備など、子どもたちが全て自分たちで考え、行動しました。
素晴らしい実行力です。


このあたたかい心が久枝小学校からたくさんの人に伝わり続けてくれることを、子どもたちは願っています。
今日の贈呈式に来校して子どもたちの思いを預かって下さった喜安先生、ありがとうございました。どうぞよろしくお願いします。

この町が好き! I like my town ! 6年生

6年生は外国語で " I like my town. " の学習をしています。


会話の練習をたくさんして、自分の町への思いを伝え合いました。
パソコンでスライドを作って Show and Tell(見せながら説明する学習)もしていました。

プール開き ~6年生~

気持ちのいい青空の下、6年生のプール開きがありました。
プール開き宣言の後、泳力測定をしました。安全に気を付けて、学習を進めます。


お楽しみの宝拾いです。


締めくくりに、渦巻き遊びや自由遊びで楽しみました!