メインメニュー
学校紹介
学校からのお知らせ

2016年1月25日(月曜日)

3年生 道徳「健ちゃんをたすけろ」

カテゴリー: - hisa02 @ 20時09分39秒

「健ちゃんをたすけろ」あらすじ
 健ちゃんは2歳の男の子。その健ちゃんが、穴の中に落ちてしまいました。その穴は深さ4m。お父さん・お母さんや近所の人、通りがかった男の人や消防署の人。たくさんの人たちが集まって、健ちゃんを助けようとします。しかし、なかなかうまくいきません。そして、日も落ちて暗くなった頃、やっと健ちゃんを救い出すことができました。その時、周りにいたみんなの安心した気持ちが大きな拍手となって、夏の夜空に鳴り響きました。(東京書籍)

 授業では、命の大切さについて考えました。そして、最後の場面で拍手をしているみんなの気持ちについて話し合いました。

 健ちゃんが助かったので、ハラハラしていた気持ちがほっとした気持ちでいっぱいになった拍手だよ。
◯ みんなの気持ちが一つになったからかな。
 みんなが協力してくれたおかげだなぁ。本当によかった。
 喜びのはく手と、健ちゃんが生きていてくれてよかったという安心のはく手だ。みんなは大喜びでとってもうれしかった。
◯ 健ちゃんの命をすくえてよかった。みんなが健ちゃんを助けるためにお手伝いをしたからよろこびがより大きくなったんだ。
◯ 健ちゃんもがんばったんだね。
◯ 自分の子どものようにうれしいな。本当によかった。
 みんながたくさん集まっておうえんしてくれたおかげだ。
 健ちゃんが助かって、みんなえがおで安心してくらしていける。


 命がみんなに支えられていることを考えました。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 松山市立久枝小学校