メインメニュー
学校紹介
学校からのお知らせ

2016年9月7日(水曜日)

5年生 道徳 「大三島自然の家の夜」(自作資料)

カテゴリー: - hisa16 @ 16時46分20秒

 

「大三島自然の家の夜」(自作資料)

 

【ねらい】仕事を押し付けたり、安易に引き受けたりする場面で問題や解決方法を考えることを通して、集団での自分の役割を自覚し、主体的に責任を果たし、より良い集団にするための道徳的判断力を高める。

【あらすじ】
 
ぼくは2泊3日で自然の家の活動に来ています。1日目、ふざけていてまだ俳句が書けていない生活係のつよしは、あきらに自分の仕事を頼みました。あきらは「ずるいんじゃないの」と思いながらも、にこっとして引き受けました。

 2日目のお風呂の後、今日の出来事がまだ書けていないつよしは、また、あきらに仕事を頼もうとしました。そのとき、同じ部屋のなおやが「いいかげんにしろよ」とどなりました。けんかになろうとするそのとき、あきらが「ごめんね。ぼく、まちがっていた」と、本当は引き受けたくなかった自分の気持ちを伝えました。つよしはそれを聞いて、仕事を押しつけたことを謝りました。担任の先生は、どうして係を分担するのかよく話し合いなさいとみんなに伝えました。生活係担当の先生に注意されたつよしでしたが、もどってきたときはすっきりとした笑顔でした。
                                                                                                                                                                                                
 授業では、つよしだけでなくあきらにも問題があることを理解させ、お互いに改善が必要なことを話し合いました。また、

「自分の役割を責任をもって果たすことがより良い集団を作ることに繋がる」というゴールを目指して意見を交換し合いま

した。自然の家での活動を控え、自分たちに身近な内容として一人一人真剣に考える姿が見られました。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 松山市立久枝小学校