メインメニュー
学校紹介
学校からのお知らせ

2016年8月6日(土曜日)

2年生 道徳「こころの花」

カテゴリー: - hisa14 @ 19時16分47秒

「こころの花」(学習研究社) ー6月に実施ー
ねらい
 お年寄りや困っている人に思いやりの心をもち、親切にしようとする心情を育てる。
あらすじ
 まきのクラスでは、一人一鉢ずつ、菊を育てている。ある日、まきが水やりをしていると、近所の一人暮らしのおばあさんが話し掛けてきた。おばあさんは、菊の花が好きだけれど、腕が痛くなって土いじりができなくなったと嘆いていた。
 それを知ったまきは、クラスの友達や先生に相談し、色とりどりの菊の鉢を持っておばあさんを訪問し、これからも花の世話に来ることを約束する。おばあさんは涙を浮かべて喜んだ。そのことをクラスで伝えると、先生がにこにこしながら「クラスに美しいこころの花が咲きましたね。」と言ったのだった。

 「こころの花」とは、どんな花のことだと思ったかを中心に話し合いました。
その後、自分の生活について振り返り、プリントに記入し、発表し合いました。
10.jpg koko.jpg
・友達に、優しく「大丈夫?けがはない?」と言われました。友達は、その後、にこっと笑ってくれました。優しくしてもらって嬉しかったです。
・友達が、傘を持ってきてくれました。優しいと思いました。こころがぽかぽかしました。
・友達がこけたときに、「大丈夫?」と聞くと、友達は笑顔で「うん。大丈夫。」と言いました。そういうことがあったな。もっとこころの花を咲かせることができるように頑張りたいな。
・これからは、いっぱい親切にしたいです。笑顔になる花になりたいと思いました。
・ぼくは、弟が泣いているとき、だっこしてあげました。悲しそうだったからです。だっこすると、弟は、嬉しそうでした。優しいと言ってくれて嬉しかったです。困っている人がいたら、助けたいです。
 子どもたちの中にも、いろいろな美しい「こころの花」が咲いているようです。 


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 松山市立久枝小学校