メインメニュー
学校紹介
学校からのお知らせ

2016年10月11日(火曜日)

4年生 道徳「点字メニューにちょうせん」

カテゴリー: - hisa12 @ 17時01分02秒

「点字メニューにちょうせん」(東京書籍4年)
【ねらい】
 働くことの大切さを知り、進んでみんなのために働こうとする実践意欲を高める。
【あらすじ】
 食堂で働く両親に頼まれて、のり子は目の不自由なおじさんに、メニューを読んで注文を聞く仕事を手伝った。おじさんからは「ありがとう」と言われて、とてもうれしい気持ちになり、充実感を感じていた。その後、点字メニューを作れば、みんなに喜んでもらえると思い、5日間もの日数を掛けて頑張り、立派に仕上げることができた。手首の痛みをこらえて仕上げたメニューを、みんなが喜んでくれた。
4nen H281001.jpg  4nen H281002_1.jpg
 手首の痛みをこらえ、点字メニューを作るのり子はどんなことを考えていたのかを話し合いました。のり子の強い願いや思いを感じながら、意見を発表し合うことができました。
      ・あきらめないぞ ・よろこんでほしい ・自分で決めたことだから
  ・人のために役に立ちたい ・子どもでもできる ・完成させたい
   授業の終わりには、自分を振り返って感じたことをワークシートにまとめました。
  ・みんなのために働くということは、信頼を得て、絆ができることです。
  ・不自由な人のために、努力して助けてあげたいと思いました。自分からやっていきたいです。
  ・どんなふうにしたら、人の役に立てるのか考えていきたいです。
  ・困った人を助けることや、悲しいことがあったら励ましてあげることで、役に立つことをたくさんやろうと思いました。
  ・みんなのために働くということは、協力して周りの人を喜ばせることだと思います。


2016年6月8日(水曜日)

4年生 道徳 「プレゼント」

カテゴリー: - hisa12 @ 19時11分07秒

「プレゼント」あらすじ
綾香は、同級生の美由紀の誕生日会に参加し、手作りの写真立てをプレゼントします。
美由紀のことを思って作ったプレゼントでしたが、美由紀の気に入るものではありません。
それから、綾香にいじわるを始め、それまで仲の良かった茜や恵まで綾香を避けるようになり、やがてクラスのほとんどが綾香を仲間はずしにするようになります。
ただ一人、クラスで孤立している麻里だけが綾香をかばい、綾香も少し元気を取り戻します。
そんなとき、美由紀の飼い犬のコロが行方不明になりました。
綾香や麻里も一緒になって探し、みんなで協力すると、無事コロが見つかりました。
そして、美由紀と綾香の関係も良くなり、楽しく学校生活を送るようになりました。
28060801.jpg 28060802.jpg 28060803.jpg
 授業では、「いじめる子」「いじめられる子」「いじめを見ている子」「助けてくれる子」の一人一人の気持ちを考えました。
いじめる子は軽い気持ちでも、いじめられる子はつらい思いをしていることを話し合いました。
今回は、人権擁護委員さんに来校していただき、学級担任と一緒に授業を進めました。
身近に感じられる話題で、一人一人が自分の考えをしっかり発表できました。

 


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 松山市立久枝小学校